お問い合わせ

ブログ

なかなか求人に募集がない!!求人における自社ホームページの役割

お客様と打ち合わせの際に、採用にもホームページを活用したいという声をよく聞きます。
ホームページ制作を行う私たちの業界もそうなのですが、人手不足の会社さんが多いかと思います。
そんな採用活動における自社ホームページの役割を考えてみました。

大手の求人サイトには検索順位では太刀打ちできない状況

例えば「webデザイナー 福岡 求人」と検索すると広告枠をはずすと上位にくるホームページは「Indeed」や「マイナビ」などの求人専用のサイトです。サイトの規模で太刀打ちできない自社の求人ページは上位表示するのは難しく、自社のホームページに直接求職者を集めることは難しい状況です。

求人サイトで知ってもらい、自社サイトで応募の後押しをする

求職者が求人をホームページで探す際は、検索で「業種+地域」で検索し求人サイトで求人を見ることになります。
そこで始めて「会社名」で検索されます。なぜ会社名で検索するかというと、自分が入りたいと思う会社をより知りたいと求職者は思うからです。

そこで重要なのが、応募の後押しをするためのホームページ作りです。
なぜなら求人サイトは基本同じレイアウトで競合他社と差別化を出すのか難しいですが、自社サイトでしたら自由にデザインできるので求職者によりアピールが可能です。

ホームページのどこを求職者は見ているのか?

業種によって求職者が求める条件は違うと思いますので、ホームページ制作会社を例にしてみたいと思います。

デザインがかっこいい

デザイナーを目指している方はまずはホームページのぱっと見のイメージは大事にしているのではないでしょうか。
これから入社するかもしれない会社のホームページが古臭い感じだと応募することを躊躇してしまいます。

ホームページの制作実績が多い

実績はとても大事で「自分もこんな仕事をしてみたい!」と思ってもらえる良いコンテンツだと思います。
会社の技術力や規模も分かりやすいですし、積極的に出していきたいコンテンツです。

どんなスタッフが働いているのか?

僕は比較的人見知りをするほうで、作業になれるより場所になれるのに時間がかかります。
そんな人のためにスタッフ紹介をいれることで応募の敷居を低くするのに役立ちます。
ただのスタッフ紹介ではなく普段の仕事についてのブログを書いてもらったり、1日のスケジュールなどを出すのも有効です。

社内風景

ホームページを制作する仕事はいわゆる「クリエイティブ系」のお仕事です。
そんな仕事をしたい求職者の中には「おしゃれなところで働きたい」と思う人もいるのではないでしょうか。
そんな求職者には社内風景の写真を入れることにより魅力的な会社とアピートできます。

というわけで、結論!ホームページも採用情報に活用できます!

ブログ一覧へもどる

日本一敷居の低いホームページ制作事務所を目指して!

サブローマルデザインは福岡県那珂川市のホームページ制作会社です。
ご予算に合わせて必要な機能のみで制作し育てていくホームページを提供します。また、フリーランスならではの柔軟な対応でお客様に寄り添った対応を心がけています。

お気軽にお問い合わせください