読み込み中...

ホームページを自分で更新できるWordPress。導入するメリット・デメリット

ホームページはHTMLという言語で作られています。通常文字の修正や写真の差し替えなどは、このHTMLを直接編集し、サーバーにアップロードすることで更新を行います。

ただ、HTMLの知識がないと更新が難しく、書き方を間違えるとレイアウトが崩れたりしますので、通常はHTMLの知識をもったホームページ制作会社に依頼することになると思います。

そういったHTMLの知識を必要とせず更新ができるシステムをCMSといいます。

CMSには様々なものがあり、サブローマルでは比較的安価に導入できるオープンソースのWordpressを利用しています。

更新システムを導入するメリット

スピーディーな更新が可能

更新システムをホームページに導入することで、お客様ご自身で文字や写真の変更を行うことが可能になります。
制作会社へ依頼すると、修正内容の指示、費用の算出、修正作業の確認、本番反映とやりとりが多くなり、更新するまでに時間がかかりますが、更新システムを入れることで、専用の管理画面から直接更新が可能ですので、制作会社に依頼することなく更新が可能です。

場所を選ばず更新できる

私がよく利用するWordpressはサーバーにインストールするクラウド型のCMSですので、インターネットに繋がっているパソコン・タブレット・スマートフォンならどこでも管理画面にアクセス可能です。

ですので、出先での急ぎの更新などもインターネットとパソコン等があれば更新が可能です。

ただ、お客様によってはセキュリティを気にする方もいらっしゃいますので、そういった方には特定の場所からしかアクセスできないようにすることも可能です。

様々なコンテンツの更新が可能

そもそもWordpressはブログを更新する機能ですが、組み込み方次第では様々なコンテンツに利用可能です。

例えば、よくある質問、商品紹介、スタッフ紹介など、複雑なレイアウトのページもテンプレートを利用することで、お客様ご自身で更新が可能です。その一例をご紹介します。

・よくある質問(参考サイト
・スタッフ紹介(参考サイト
・スタイルサンプル(参考サイト

その他にも
・新着情報の更新
・商品情報の更新
・サービス情報の更新
・メニューの更新
・イメージ写真の差し替え
などなど、業種によって更新する内容は様々かと思いますので、更新内容に合わせて設計・導入していきます。

更新システムのデメリットや注意点

色々と便利な更新システムですが、もちろんデメリットや注意点もあります。

組み込みに費用がかかる

通常の制作費用にプラスで更新システム導入費用が必要になります。
更新箇所や難易度によって費用はまちまちですので、その都度費用を計上させていただきます。

例えば、更新システムを導入したけど、更新が年に1回もしくは3回程度しかないということでしたら、逆に更新システムを入れずに、都度ご依頼いただいた方が長期的にはお安くなります。

そのようなムダな費用が出ないよう、更新頻度とのバランスを見ながらご提案させていただきます。

大幅なレイアウト変更はできません

お客様が自由に更新ができるといいましたが、更新システムを導入するにあたり、デザインをテンプレート化する必要があります。

例えば、右に配置した写真を左に持ってくるなど、大幅なレイアウト変更はできません
その場合は、サブローマルにご依頼いただいてデザインテンプレートを変更する作業をご依頼いただく必要がございます。

結局、更新システムはただのツールです

色々と更新システムのメリットデメリットを書いてきましたが、更新システムは更新するためのツールでしかありません。

一番大事なのは継続して更新していくことです。

いきなり多くの更新コンテンツをつくるのではなく、無理のない範囲で更新コンテンツを増やしていき、ホームページを育てていくことが大事だと考えています。

更新コンテンツにご興味がありましたら、お問い合せページからご連絡下さい。

日本一敷居の低いホームページ制作事務所を目指して!

サブローマルデザインは福岡県のホームページ制作会社です。
ご予算に合わせて必要な機能のみで制作し育てていくホームページを提供します。また、フリーランスならではの柔軟な対応でお客様に寄り添った対応を心がけています。

お気軽にお問い合わせください