お問い合わせ

web制作の流れをご紹介

web制作には様々な工程があり、制作会社によっても細かく違いがあります。
サブローマルではどのようにしてホームページを制作しているのかweb制作の流れをご紹介したいと思います。

web制作の流れ-1
概要のヒヤリング、打ち合わせ

お電話やメールでお問い合わせをいただいた場合、まずはご依頼内容の確認をさせて頂きます。

  • 新規でのweb制作なのか、リニューアルなのか。
  • ご依頼するきっかけや今後ホームページをどう活用したいのか。
  • ご予算はいくらくらいなのか。
  • すでに内容が決まっているのか、決まっていないのか

概要をお聞きした上で、制作したいwebサイトのページなどが固まっている場合は、お打ち合わせを挟まず提案書とお見積書を作成致します。

ホームページについて何も決まっていないようでしたら、一度お伺いし詳しいお話をお聞かせ頂きます。

遠方(福岡県外)の場合はお電話でのお打ち合わせとさせて頂きます。

web制作の流れ-2
提案書とお見積書の作成

お聞かせいただいた内容を元にホームページの内容(ページ数)のご提案書とお見積書を作成致します。
まずはこちらの資料を参考に、詳しい内容を再度お話させて頂き最終的なホームページの内容を決めていきます。
予算によってはページを削ったりなどもあります。

ご提案書の内容は対策するキーワードと競合他社の状況、サイトマップとなります。

対策するキーワードは事業に関するキーワードを調べつつ、検索数の多いワードを設定していきます。競合他社の状況とは、設定したキーワードでどういったページが上位にきているかをお調べします。

サイトマップはホームページにどのようなページを制作するのかを記した資料となります。

ちなみに、こちらの作業まで無料で対応しております。

web制作の流れ-3
ご契約・制作スケジュールの確保

提案書とお見積書に問題がない場合はweb制作のご注文となります。

サブローマルではご注文をいただいてから、制作スケジュールを確保しておりますのでご注意ください。

制作期間は10ページ程度でおおよそ2ヶ月となります。ただし、お客様のデザイン確認や資料提出が遅れた場合は再度スケジュールを引き直しさせていただきます。

web制作の流れ-4
ワイヤーフレーム(構成資料)の制作

web制作のご注文をいただいた際に最初にするのが、ワイヤーフレーム(構成資料)の作成です。

ワイヤーフレームとは、サイトマップを参考にどのような内容をページに記載するかを記した資料となります。制作会社によって、このワイヤーフレームの精度はまちまちです。キャッチコピーや文字が完全に入っている場合もあれば、簡素化されたものもあります。

サブローマルでは簡単なワイヤーフレームを制作し、デザインやコーディング時に詳しい文章を作成するようにしています。
理由としては、ワイヤーフレームはデザインやレイアウトなどは参考にならず、お客様がイメージしづらいということ挙げられます。
ホームページを初めて作る方などは、最終的にはデザインを見てみないと良いのか悪いのか、判断ができないと思いますのでそのようにしています。

web制作の流れ-5
トップページデザイン案の制作

ワイヤーフレームを元にまずはトップページのデザイン制作に取り掛かります。

webデザイナーにとっては一番チカラが入る工程です。
トップページのデザインを元に下層ページなどもデザインしていきますので、ホームページ全体のデザインの方向性が決まる工程でもあります。

ご提出方法はテストサーバーへ画像でアップロードし、アドレスをメールで送信するかたちとなります。
デザインの確認はパソコン版となりますので、パソコンで見ていただくことをおすすめしています。

スマートフォンのデザインのご提出は基本しておりませんので、スマートフォンでのデザインを確認したい場合は、別途費用となりますので、ご相談ください。

この工程で確認して頂きたい内容は

  • 全体のデザイン(カラーや雰囲気、レイアウト)
  • 文言に間違いがないか
  • 削除したい内容、追加したい内容等がないか

などで、細かな文字や写真の差し替えなどは、後日でも変更可能です。
特に気にして確認頂きたいのが、全体のデザインやレイアウトになります。

デザインやレイアウトは下層ページでも同一のものになりますので、後から変更などがあるとスケジュールの遅延の原因になります。

web制作の流れ-6
下層ページのデザイン案制作

トップページの確認が終わると下層ページの制作に入ります。

トップページのデザインの雰囲気を踏まえつつデザインしていきます。

下層ページの提出方法は、トップページと同じくテストサーバーへ画像をアップし、メールでお知らせします。

内容の確認をしていただき、修正などがあれば対応します。

トップページでデザインテイストはご確認いただいていますので、ここでは文章などの内容の確認が主になります。

デザインが確定すると実際のホームページとして閲覧出来るよう、webデータの作成に入ります。

web制作の流れ-7
コーディング作業

ホームページ全体のデザインにOKを頂きましたらコーディングと言われるwebデータの作成に入ります。
htmlとcssというホームページを作るプログラムで組んでいきます。

web制作の流れ-8
デモサイトのご確認

コーディングが完了すると実際のwebページとしてブラウザで確認することが出来るようになります。
デザイン提出時と同じく、テストサーバーにアップし、テストアドレスをメールにてお知らせします。

この段階でスマートフォンでのご確認や、ボタンのクリックなどが出来るようになります。
こちらが最終の確認になりますので、時間をかけてご確認ください。

web制作の流れ-9
ドメイン・サーバーのご準備

新規でホームページを制作する際は、この段階でドメインとサーバーのご契約をしていただきます。

基本的にはお客様が直接契約していただきますが、取得の代行なども行っておりますので、お打ち合わせの際にご相談ください。

よく使うサーバーはXサーバー、ロリポップなどで、お客様のご予算やホームページの規模に応じてご提案させて頂きます。

また、継続プランをご契約の方は、ドメイン・サーバーはサブローマルにて管理、保守を行いますので契約の必要はありません。

web制作の流れ-10
ホームページの本番公開

最終の確認をしていただきOKを頂きましたら、いよいよホームページの公開です。
公開時にはアクセス解析や各種設定を行います。

また、wordpressを利用する際は、管理画面の使い方のレクチャーをさせていただきます。

以上が基本的なweb制作の流れになります。
10ページ程度のホームページで2ヶ月程度の制作期間を頂いています。

日本一敷居の低いホームページ制作事務所を目指して!

サブローマルデザインは福岡県那珂川市のホームページ制作会社です。
ご予算に合わせて必要な機能のみで制作し育てていくホームページを提供します。また、フリーランスならではの柔軟な対応でお客様に寄り添った対応を心がけています。

お気軽にお問い合わせください